ゆるんでしまった膣を治す|女性ホルモンを整えられる膣引き締めトレーニングのやり方

女性ホルモンを整えられる膣引き締めトレーニングのやり方

レディ
  1. ホーム
  2. ゆるんでしまった膣を治す

ゆるんでしまった膣を治す

お尻

デリケートな部位なのであまり相談しづらいですが、膣のゆるみは女性なら誰にでも起こることです。主な原因は加齢や出産、運動不足だとされています。一番多いのは出産によるものです。膣がゆるんだ時に起こる症状ですが、お風呂やプールに入った時に水が入ったり、性交時に満足感が得られないなどが挙げられます。尿漏れになる人も多いです。これらの症状は婦人科で治療することが可能なので、気になる場合は医師に相談してみるといいでしょう。膣引き締め効果のある治療法にも色々あり、膣の筋肉を刺激する方法と専用のマシンを使う方法などがあります。治療用のマシンも新しいものがどんどん開発され、医療現場に導入されているので、膣引き締め効果が従来よりもよくなっているのです。

治療マシンによる膣引き締めは、超音波などを用いるので、メスを使いません。だからダウンタイムも短くて済みます。この方法なら、手術をすることができない患者さんも膣引き締めをすることが可能です。この他にも、術後のフォローとしても用いられています。いずれの方法も、膣内に専用の器具を挿入して治療を行うので、手術では届かない奥の方までしっかり引き締めることができます。膣壁のコラーゲンを増やすことで、厚みや弾力を取り戻すことが可能なのです。治療を行ってから、約一か月ほどで効果を実感できるようになり、約一年ほど引き締め効果が持続します。継続的に膣引き締めを行いたい場合は、年に一回は婦人科で治療を受けましょう。